ホワイトニングについてのお役立ち情報をお届けしています。
(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる


(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
歯の表面に薬剤を塗布させ、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解させていくのが、そもそもオフィスホワイトニングというものです。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、即効性がホワイトニング人気の要因なのです。
コーヒーやお茶、また加齢などで着色してしまった歯を、削る必要なく白くすることの出来る治療がホワイトニングと呼ばれる治療なのです。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることができるようになるでしょう。

自分の歯の形をしたマウスピースをホームホワイトニングではまずは作成し、専用の薬剤を入れます。
低濃度の薬品であるため安全性も高いなど、ホームホワイトニングにも様々な薬品が使われています。



(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なるブログ:20-04-03

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素運動。

有酸素運動はダイエットに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。

筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンス運動」と言われる運動です。

レジスタンス運動と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル運動やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける運動のことです。

これらの運動は、
有酸素運動のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して体質を動かすので、
無酸素運動とも言われます。

レジスタンス運動の主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

体質を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス運動は、
筋肉を刺激したり増やすための運動です。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素運動をした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス運動をした高齢者の方が
有酸素運動を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。


(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

★メニュー

(お役立ちメニュー)神奈川の美容外科を利用してレーシック
(お役立ちメニュー)米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
(お役立ちメニュー)皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
(お役立ちメニュー)注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
(お役立ちメニュー)皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
(お役立ちメニュー)ケミカルピーリングで美肌若返り
(お役立ちメニュー)美容皮フ科でレーザー治療
(お役立ちメニュー)非常に丈夫な歯を作るインプラント
(お役立ちメニュー)医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)確実な美容整形対策しまSHOW