(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

歯の表面に薬剤を塗布させ、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解させていくのが、そもそもオフィスホワイトニングというものです。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、即効性がホワイトニング人気の要因なのです。
コーヒーやお茶、また加齢などで着色してしまった歯を、削る必要なく白くすることの出来る治療がホワイトニングと呼ばれる治療なのです。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることができるようになるでしょう。

 

自分の歯の形をしたマウスピースをホームホワイトニングではまずは作成し、専用の薬剤を入れます。
低濃度の薬品であるため安全性も高いなど、ホームホワイトニングにも様々な薬品が使われています。



(お役立ちメニュー)ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なるブログ:20-10-25

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母親たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母親であるなら
我が子どもがどんなからだで産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母親として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

女の子が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
嫁が思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
嫁も夫も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父も母親も
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。